ライフ

束田一敬消防士長を逮捕!余罪ありで10代少女を何度も狙う卑劣な手口は?

この記事は約 4 分で読めます。

大阪府富田林市で消防士長の束田一敬が逮捕されました。容疑は10代女性への強制わいせつです。余罪もあるようですし、一体どんな手口を使っていたのでしょうか?

事件の詳細をみてみましょう。

スポンサーリンク


束田一敬容疑者のプロフィール

今回10代の少女に対しわいせつ行為を行った大阪府の消防士長束田一敬とは一体どんな男なのでしょうか?

こちらが現在公開されている束田一敬のプロフィールです。

名前 束田一敬

年齢 38歳

住所 大阪府富田林市金剛伏山台

職業 八尾市消防本部 

役職 消防士長

次に事件の概要についてお伝えします。

スポンサーリンク


束田一敬が起こした事件の概要

束田一敬が事件を起こした場所は大阪府の路上。狙われたのは10代の少女でした。

事件が起きたのは2017年7月12日のこと。
ちょうど通勤や通学が終わった時間ぐらいの午前9時50分頃の事です。

束田一敬は10代半ばの少女に後ろから突然抱きつき、身動きがとれなくした上で、スカートの中に手を入れお尻を触ったそうです。

束田容疑者は、現行犯では逮捕されず、実際に逮捕されたのは事件が起きた数か月後になります。

強制わいせつ容疑で大阪府警河内長野署が束田一敬容疑者を逮捕したのは11月20日のことでした。

そして逮捕された束田容疑者は火消しとして市の安全を守るリーダー八尾市消防本部の消防士長だったのです。

取り調べでは容疑を認め「他にも数件やった」と話しているようなので、余罪もあるのでしょうね。

若い女性ばかりを狙い、一生ものの深い傷を負わせるだなんて許しがたいです。

逮捕までかなり時間がかかっていますので、回りに防犯カメラが無いところでの犯行だったのか、被害者の10代の少女が言い出せなかったのでしょうね。

白昼堂々の犯行ですので、目撃者が居てもおかしくないように思いますが、犯行現場の路上は人通りが少ない場所だったのかもしれません。

余罪ありの束田一敬が狙う10代少女への卑劣な手口とは?

わいせつ事件で狙われたのは10代半ばの少女。

束田容疑者が「他にも数件やった」と供述していることもあり、余罪もあるようです。

これまでに公にならなかったのは、やはり少女達が言い出せなかったということもあるでしょうが、他にも理由はあると思います。

すべて同じ時間とは限らないでしょうが、今回の事件は午前9時50分頃の犯行なので、明るい時間帯だったんです。

なのに誰も見てないということは、防犯カメラがなく人通りが少ない場所で犯行に及んだ可能性が高いです。

その場所にSNSなどで知り合った女性を呼び出したか、もしくは通りすがりの人を狙ったということもあるかもしれませんね。

束田容疑者の手口は、後ろから抱きしめ、身動きがとれなくなくし、わいせつをするというもの。

力ない女性に対して卑劣な犯行だと思いますね。

スポンサーリンク


まとめ

今回は大阪府で起きたわいせつ事件の容疑者束田一敬についてお伝えしました。

まさか火消しのリーダーがこんなことするだなんて誰も思って無かったでしょうね。

八尾市の消防本部は今ごろ大炎上したわいせつ問題の火消しに大忙しでしょう。

いつになっても少女たちの傷は消せませんがね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうごさいました。

PAGE TOP