NEWS

上田美由紀の生い立ちについて。子供が5人でゴミ屋敷生活とは?

この記事は約 6 分で読めます。

死刑が確定する予定で、再び話題になりそうな上田美由紀被告。

今回は上田美由紀の生い立ちや、子供が5人居ながらなぜゴミ屋敷生活をしていたことについて調べたいと思います。

スポンサーリンク


上田美由紀被告事件の内容

上田美由紀被告が起こした「鳥取連続不審死事件」により、近く死刑が確定すると注目を浴びてますね。

起訴された上田被告は一審、二審ともに死刑判決で、現在も服役中なのですが、その後の判決で、死刑が確定したようです。

上田美由紀被告が起こした事件はどんな事件だったのでしょうか?
僕なりに調べてみました。

上田美由紀被告(本名 李 美由)は、事件当時鳥取のスナックで働いていたそうです。

スナックの勤務先の周辺で、6人の男性が謎の死を遂げ、さらにはそのうち上田
被告が4人と交際していたことにより、重要参考人として取り調べを受けた上田美由紀被告。

捜査により上田美由紀被告が犯人だと判明し、逮捕となったそうです。

上田被告が逮捕されたときどんな生活をしていたかというと、なんと5人の子供と一緒にゴミ屋敷と呼ばれているアパートに住んでいたそうです。

次に上田美由紀被告はなぜ5人の子供とゴミ屋敷に住んでいるのかについてお話します。

スポンサーリンク


上田美由紀の子供は5人。ゴミ屋敷生活とは何なのか。

上田美由紀被告が逮捕されたのは2009年のことでした。

もう8年ほど前の話になりますね。

逮捕された理由は詐欺容疑。知人の母親からなんと126万円も騙し取ったのだそうです。

よくもまぁそんな大金騙し取れたなと思いますが、言葉巧みに自身のことを信用するように仕向けていたのでしょう。

その後に別の事件の容疑者としても取り調べを行われることになったそうです。

その事件はある地域で6人の男性が謎の死を遂げたというもの。

なんとその6人のうち4人が上田被告と恋人関係だったそうで、これはいつも名探偵コナンを見て犯人の特定が出来ない僕にでもわかるような犯人でしたね。

被害にあった男性は、妻子持ちの新聞
記者や警察官などもいたそうです。

ということは、恋人というよりも不倫ですね。

上田美由紀被告には5人の子供が居て、なんと生活していたアパートは、今はあまり見ることがないくみ取り式のトイレがあるアパート。

家賃はなんと2万5千円と格安です。

上田被告が逮捕されてすぐにマスコミが自宅を嗅ぎ付けたのですが、なんとそのアパートがゴミ屋敷だったそうなんです。

ゴミ屋敷と聞くとよくテレビでも特集されることが多いですし、だいたいどんな家なのか想像できますよね。

上田美由紀被告が5人の子供と住んで居たゴミ屋敷と呼ばれていたアパートは、家に入るとゴミが散乱していて、足の踏み場もないような状態だったそうです。

食べ残しの入っている鍋や、料理がこびりついているようなフライパンなども出てきていたそうで、ここまでくると想像を絶しますね。

なぜ片付けができないのかと思ってしまいますが、テレビ番組で出てくる片付けられない人たちは、過去に大きな心の傷をもっていることが多いです。

上田美由紀被告もなにか傷を負っていたるのかもしれませんね。

そんなゴミ屋敷のアパートで過ごしてきた5人の子供たちは精神状態が大丈夫なのか心配です。

逃げたくても逃げれなかった環境でしょうから、おそらくさまざまなことに耐えてきたでしょう。

このような5人の子供が住むアパートをゴミ屋敷にしてしまった上田美由紀被告はいったいどんな生い立ちなのでしょうか?

次に上田被告の生い立ちについてお話します。

上田美由紀(李 美由)の生い立ちはどうだったのか

まずは李 美由という名前からお話していきます。

李 美由という名前は上田美由紀被告の本名で、なんと在日なのだそうです。

在日の方はよく通名(日本で生活する時の名前)で生活をしていることが多く、李被告も上田美由紀として生活をしていました。

李被告の生い立ちはと言うと、まずは家族構成からお話します。

家族構成は、父親と母親そして5歳年上の兄との4人家族だったそうです。

自身の兄妹が2人だったため、子供が5人居るのかもしれませんね。

子供の性格は親が関係するとよく聞きますが、上田容疑者の父親はどちらかと言うと無口な方。

そして母親はと言うと、殴ることがあったり、怒鳴ったりすることもあり、激情型だったようです。

上田被告の父は早くに亡くなったので、叔父が父親がわりをしていたそうです。

父親を亡くした悲しみからなのか、母親からの圧力からなのか、近所の人からすると上田被告は小学生の頃から素行が悪かった模様。

近所の家へ勝手に上がり込み、あげく物を壊したり盗んだりすることもあったようで、要注意人物として知られていたようです。

中学時代では、同級生をパシらせることもあったり、嘘をすぐつくので信頼されてなかったのだとか。

その後高校へ進学するもすぐに中退。

就職するも、どこで働いても長続きせず、退職を繰り返していたそうです。

そんな中ある時出会った自衛官と結婚したのですが、子供が産まれてすぐに離婚。

それからは鳥取駅前にあるスナックで働いていたようです。

以前から素行が悪かった上田被告なので、事件を起こしても周りからは

「やっぱりね」

というような反応ばかりで、誰も驚かなかったようです。

これが上田美由紀被告の生い立ちになります。

まとめ

過去に大きな事件を起こし死刑が確定した上田美由紀被告。

生い立ちを調べてみると、このようになってしまったのも腑に落ちます。

それにしてもゴミ屋敷生活をしていた5人の子供たちは現在大丈夫なのでしょうか?心配ですね。

既に9年の月日が経過してますので、大きくなっているでしょうが、母親と同じような道を辿らぬよう願うばかりです。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


PAGE TOP