テレビ

湯場忠志の嫁と離婚はウソ?息子の海樹もプロボクサーなのに逮捕ってアカン!

この記事は約 5 分で読めます。

湯場忠志(元プロボクサー)がストーカー容疑で逮捕されたことで、嫁が居るのか?や離婚はしているかなど検索する人が増えているようです。

息子の海樹さんもプロボクサーのようですし、今後息子さんへの影響もあるでしょう。

それにしてもなんで嫁と息子も居るのに元交際相手にストーカーなんてしたのでしょうね。やっぱり不倫なのでしょうか?

スポンサーリンク


湯場忠志容疑者のプロフィール

今回ストーカー行為で逮捕されたことにより話題になっている湯場忠志容疑者。

元プロボクサーなのですが、なんと元日本チャンピオンなんです。しかもですよ、5階級制覇もしたことあるんですって!物凄い実力者だったのにストーカー行為で逮捕されるなんて。

しかも嫁や息子も居るんです。家族に迷惑をかけ、元交際相手にも迷惑をかけるとはイカンですね。一体湯場忠志とはどんな人物でしょうか。こちらがプロフィールです。

名前:湯場忠志 (ゆば ただし)

出身:宮崎県北諸県郡三股町

生年月日:1977年1月19日

年齢:41歳

身長:183㎝

戦歴:総試合数 58回(KO勝ち33回)

プロデビュー:1996年

獲得した王座の階級
・ライト級
・スーパーライト級
・ウェルター級
・スーパーウェルター級
・ミドル級

現在日本で王座五階級を制覇したのは湯場忠志以外居ません。

日本で偉業を成し遂げた湯場忠志は、出身地の三股町より町民栄誉賞を表彰されたんです。これは2012年のことでした。

しかし、今回の事件により町民の方に迷惑をかけることになりましたね。

次に湯場忠志容疑者が逮捕された事件の詳細について見ていきます。

スポンサーリンク


湯場忠志容疑者が起こした事件の詳細

こちらが報道であった事件の内容です。

ボクシングの元・日本チャンピオン、湯場忠志容疑者(41)が、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。

湯場容疑者は3月中旬、宮崎県内に住む、元交際相手の20代の女性の携帯電話に、羞恥心を害する画像を3回にわたって送信。
その後も「絶対つぶす」、「迷惑かけたなら言って」など、45回にわたって連続してメールを送った疑いが持たれている。

警察は27日朝、湯場容疑者に任意同行を求め、事情を聴いたところ、容疑を認めたことから、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕した。

湯場容疑者は、5階級を制覇したボクシングの元・日本チャンピオンで、現在は宮崎市でフィットネスジムを経営している。

テレビ宮崎/FNN

湯場忠志容疑者が逮捕された要因は、2018年3月中旬に20代の元交際相手の女性に対しわいせつな画像をメールで送ったほか、「絶対つぶす」「迷惑を掛けたなら言って」など複数回に渡り悪質なメールを送ったことでしょうね。

しかもその数45回。誰がどうみてもストーカーですなこりゃ。
なかなか立件が難しく警察も動けないストーカー事件ですが、今回ばかりは逮捕に踏み切ったようです。

元交際相手の女性は20代とのことなので、息子の海樹さんと同年代なのではないでしょうか?

自分の子供と同年代の子と交際だなんて想像も出来ませんが、執着したくなるほど若い女性が好きだったのでしょうね。

ここで懸念されるのが、もしかして湯場忠志は嫁と離婚していたのでは?ということ。次に湯場忠志は嫁と離婚しているのかについてです。

湯場忠志は嫁と離婚しているというのはデマ

湯場忠志が起こしたストーカー事件。相手が元交際相手ということで、本来なら嫁や子供は居ないのでは?もしくは離婚して一緒に暮らしていないのでは?と思いますよね。

僕もそう思いました。一般的に既婚者に交際相手は居ませんから。

しかし、調べてみると結婚していて嫁や息子も居るとのこと。

どこを探しても離婚したとの情報はなかったのでまだ離婚していないと考えていいでしょう。

ただ今回の様な不倫事件は嫁も黙ってるわけがないので、今後離婚をすることになるかもしれません。
きっと謝っても許してもらえないでしょう。

湯場忠志の息子湯場海樹のプロフィールや顔画像

先程お話した通り湯場忠志は離婚しておらず、嫁と息子さんが居るのですが、息子も父親と同じ道を歩んでいるそうです。

プロボクサーで活躍している湯場忠志の息子さんの名は湯葉海樹さん。

プロボクサーとしてデビューしたのも最近でまだ1年も経っていません。

こちらが親子で写っている顔画像です。

父に憧れ同じ道を進んだ湯場海樹選手も、父が起こした過ちにより今後バッシングを受け続けるかもしれません。

デビューしたばかりでこんなことになるなんて、なんだかやるせないですね。

息子の湯場海樹選手が被害にあわぬよう願うばかりです。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


PAGE TOP