エンタメ

小林麻央の血液検査は腫瘍マーカー?余命に関係あるのか?

小林麻央さんのブログkokoroの最新情報は、[血液検査]というタイトルでしたが、何を意味するのでしょう。

内容はタイトル通り、血液検査をしたというものでした。小林麻央さんは、思ったよりよくなかったとのことなので、
今後の癌の進行に関わるものなのかもしれませんね。

今回は、小林麻央さんが行った血液検査は、余命に関係するのか?また検査結果は何を意味するのか?ということについて調査しました。

スポンサーリンク


小林麻央のブログ「血液検査」の内容

小林麻央さんのブログkokoroの最新情報は、血液検査でした。

血液検査の結果はあまりよくなかったとしか綴られておらず、それ以外のことは綴られていませんでしたが、おそらく腫瘍マーカーではないかと思います。

この腫瘍マーカーという言葉は、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、
癌のスクリーニング検査として用いられているものです。

主な検査の意味としては、

(1)がん検診(がんの早期発見)

(2)早期がん手術後の経過観察(再発の早期発見)

(3)進行がんの「病気の勢い」の評価(治療効果判定)

元の記事を読む

腫瘍マーカーの意味、誤解していませんか?

というものがあり、癌の早期発見から、癌を治療した後に再発していないかを確認するためにも
使用されます。

またどれくらいの速度で癌が進行しているのかも確認することもできます。

ただあくまでも腫瘍マーカーは判断基準の一つであるため、単体で判断することは少なく、ほかにX線やCT、血液造影などを行い、総合的に診断することがほとんどです。

ただ血液検査の腫瘍マーカーだけで自己判断してしまうこともしばしばなので、
しっかりとさまざまな視点で判断することが大切です。

ブログでは「落ちこんだ」とも綴られていたので、結果がよくなかったことで悲しい気持ちになっているのでしょう。

スポンサーリンク


小林麻央の血液検査で余命がわかるのか

結論から申し上げますと、小林麻央さんが行った血液検査で正確な余命がわかるわけではありませんが、結果がよくないということは、回復傾向ではないということになります。

ただし、先程もお伝えしたように腫瘍マーカーのみで判断することはないので、
総合的に判断するために、腫瘍マーカーと併用してX線やCT、血液造影を行うのです。

よって、小林麻央さんがブログKOKOROで綴った血液検査の結果がよくなかったという内容は、直接的に余命に関わるものではないにしても、判断基準のひとつではあるということですね。

小林麻央さんは血液検査の結果で落ち込んだとも綴っていたので、血液検査でだけでは判断せず、しっかりと他の検査でも判断して、前向きに生きていってほしいものです。

まとめ

今回の記事のタイトルにもしていた小林麻央さんの血液検査は余命に関係するのか?
そして検査の結果が何を意味するか?ということですが、
僕の結論からすると、『血液検査は参考にはできますが、余命に直接関係しない』ですね。

ただ、あまり結果がよくないということから、癌の進行は止まらず増え続けているのでしょう。

治療次第では回復することもあるでしょうから、諦めず頑張って生きて欲しいです。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 小林麻央 顎に転移し皮膚癌に!余命の最新版と4月のぼかし画像の真相とは…

  2. 高相祐一は工藤静香やキムタクとどんな関係?兄弟だったと言うのはマジ!?…

  3. ASKAと飯島愛の関係と黒歴史。コンクリート事件の真相は?

  4. 堀江貴文 収入源や食費について徹底調査!

  5. 小林麻央の通ったクリニックが業務停止命令!首藤クリニックが濃厚か?

  6. 小林麻央 余命に関わる腹水の衝撃写真とは何のこと?

PAGE TOP